スポンサーリンク

【読書感想】短歌ください 君の抜け殻篇

読書

「短歌ください 君の抜け殻篇」穂村弘、陣崎草子著を読んだ。

雑誌連載されたものをまとめたシリーズだということは、知っていたが、目を通したのは、今回が初めてだ。

学生時代の授業で触れた以外だと短歌は、穂村弘さんのエッセイなどを読んだ時などに、多少触れる程度だった。

歌人と呼ばれる人々の短歌作品は、なかなか敷居高く思っている節があった。

本書を読んでみると、テーマごとに募集した一般の方々の作品が掲載され、それらを著者たちが評している。

ユーモアが感じられるもの、想像力を搔き立てられるもの、様々な視点で同じテーマでも、短歌が読み手も楽しめるものばかりであることを知った。

自分で作ってみよう、とはなかなか思わなくとも、短歌を読むことの楽しさを知ることができて良かった。


スポンサーリンク
読書
スポンサーリンク
adminをフォローする
カメラと散歩と読書日和