【読書感想】大家さんと僕 これから

読書

「大家さんと僕 これから」矢部太郎著を読んだ。

本書は、「大家さんと僕」の続編だ。

矢部太郎さんと大家さんのやりとりは、心が温まる。

本文中に、大家さんが矢部太郎さんのことを「血のつながらない親戚」というようなことを仰るシーンがあったが、このシリーズを読んでいると、その言葉の通りのように思える。

近づき過ぎず、適度な距離でありつつも、お互いを思いやれたりする関係が、大人になって築くことができるのは、とても素敵なことだと思う。

大家さんのやや毒舌気味なところとも受け取れる、はっきりした性格が、読んでいて、とても気持ち良かった。

大家さんと矢部太郎さんのお話は、ノンフィクションではなく脚色をしているから、フィクションだと矢部太郎さんは述べていらっしゃるが、そんなこと気にしないくらい魅力に引きつけられるエピソードばかりだ。

大家さんが怪我や加齢などで、弱っていくことを鉛筆の筆圧で知る矢部太郎さんのシーンは、私も読んでいてなんともセンチメンタルな気持ちになった。

身近な人の変化は、近しいほど気づかない、あるいは気づけないこともある。

相手が見せまいとしている、ということもあるが、偶然が重なって、その変化などを気づかざるを得ないこともあり、そういう時、自分の不甲斐なさを思い知る。

本書を読むと、矢部太郎さんの人柄もよく伝わってくるのも、とても良かった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大家さんと僕 これから [ 矢部 太郎 ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2019/8/16時点)