【読書感想】きみを嫌いな奴はクズだよ

読書

「きみを嫌いな奴はクズだよ」木下龍也著を読んだ。

最近、短歌を読む機会が増えている。

自分で詠むことはないが、誰かの短歌を読み、想像する行為がとても楽しい。

誰かの目の前にある光景、見知らぬ誰かの心情や想像などを表現できる、短歌の自由さに夢中になりかけている。

短歌の限られた文字数の中にある世界は、その文字数で語られない部分すら想像させる。

言葉遊び、と言えば軽薄さが漂うかもしれないが、その作者にしか見出せない世界観を共有したような気分に浸れる。

短歌の魅力を自分なりに、咀嚼する楽しみを見つけたような気がしている。