スポンサーリンク

決めつける、ということが何かを知るきっかけの邪魔になる

ライフスタイル

誰かのことについてだとか、なにかにつけて決めつけることが癖になっている人を見かけたことはないだろうか。

決めつける、ということが、その人にとって見えていなかったこと、知らなかったことに気づけないままでいる状態のままになることがあるのではないか、と思っている。

自分がそれ以上、物事を考えたり、他人との接し方を改善したいと思わないことについて決めつけることで、そのままの状態が続くこととなる。

考え続けなくて良い、ということほど、気楽なことはない。

しかし、決めつけることで、それを誰かに言いふらしたりするなどするのは、やめた方が良い。

決めつけた人の価値観を誰かに言いふらすことで、その人たちも影響を受けかねない。

誰かの価値観を思いがけず、共有してしまうことで、主観がにぶることもある。

決めつけたいのは、その人自身の問題で、その価値観などを誰かに共有すべきことではない。

何が言いたいのか、と言うと、決めつけてしまうとそこで思考が止まるから、本来見えてくるものまでも見逃すかもしれない、ということだ。

何事も決めつけ過ぎず、物事や人間関係に向き合ってこそ、得られるものがあることを知っておくと、視野が広がり、経験も深まることもある。

だからこそ私は、決めつけることは避けて、できるだけフラットな状態で何事も接していきたい。