スポンサーリンク

【読書感想】自分だけの「絶対領域」の作り方

読書

「自分だけの「絶対領域」の作り方」午堂登紀雄著を読んだ。

働き方改革という言葉を、耳にすることが増えている。

働き方改革に加えて、副業や複業という言葉も日々どこかで見聞きする機会が増えた。

新卒から定年まで同じ会社で働き続けることが当たり前の時代ではなくなった。

そして、起業することが、容易にできてしまう時代になり、稼ぐ方法も多種多様である。

私は、複業しているが、人並みに稼げているかは微妙なところである。

本書を読むことで、自分が心地よい働き方、稼ぎ方を改めて考えてみたいと思った。

ひとつの仕事を軸に、関連する他の仕事へと派生させる。するとおもしろそうなものにぶつかる。それをまた仕事にしてみる。

そうやって多面的な自分を作っていく。


「自分だけの「絶対領域」の作り方」 本文より抜粋

私の場合は、以前の仕事が軸となって、関連する仕事へと広がり、結果として複業を抱えている。

大きなことはしていないし、正直、自分のことで精一杯で、楽しめているかはわからなくなってきている。

たしかなことは、複業を通じて出会った人から、感謝の言葉を伝えられると、もうちょっと続けてみようかな、と思う程度だ。

人生を複線化させるためのひとつの考え方は、「この仕事に賭ける」という意識というか覚悟を捨てることだと思っている。

依存しない、頑張らない、努力しないという「ゆるさ」を持つことだ。


「自分だけの「絶対領域」の作り方」 本文より抜粋

どれかだけに固執しないことが、大切なことであることは、最近、思うところがある。

本書でも記述されていたが、自分が頑張っている、努力している、と自分で思うことは、仕組みや環境など、なにかがおかしい、ということがあるそうだ。

言われてみれば、思い当たる節がないわけではない。

複線化して生きていくことが、ごく自然なことに変化していくのならば、ほどよく力を抜いて、あれこれと手を出していくくらいでないと続けたり、踏み込んでいくのは面倒になる。

好奇心や行動力を失わずに、チャレンジしていくことが複線化の肝なのかな、ということにしておきたい。