【読書感想】神様の暇つぶし

読書

「神様の暇つぶし」千早茜著を読んだ。

タイトルからは想像もつかないような、読んでいると苦しくなったり、涙がこみ上げてきそうになる、様々な感情を揺さぶられる物語だった。

作中で、「あのひとを知らなった日々にはもう戻れない」という描写が、とても心に残っている。

誰かと出会ってしまえば、その人を知らなかった日常ではなくなる。

当たり前のこと、と言われてしまえば、そこまでかもしれない。

家族、友人、恋人、どれもが出会ってしまえば、関わってしまえば、どんな出来事も記憶として残り続ける。

自分の抱えるコンプレックスなどで恋愛に奥手な主人公が、父が亡くなって四十九日を過ぎた頃に、再会した父の友人であった写真家と関わることで、それまでの日常とは異なる時間を過ごす。

たったひと夏の思い出であろうとも、濃密な時間を過ごした相手との記憶は薄れないだろう。

誰かと関わることで変わる内面というのは、馬鹿にはできない。

誰かの不幸を代わりに背負うことはできないけれど、自分を頼りにしてくれる人を大切にしたくなる。

千早茜さんの作品は、ストーリーはもちろんのこと、登場人物たちが口にする食事が、とても魅力的だ。

本作品では、最初の方で主人公が食べていたカレーとナンの組み合わせにそそられた。腸がさっぱりするカレーを食べてみたくなった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

神様の暇つぶし [ 千早 茜 ]
価格:1674円(税込、送料無料) (2019/9/29時点)