スポンサーリンク

逃げても良い、という選択肢は自分だけのもの

その他
この記事は約1分で読めます。

いつだって、逃げるのは卑怯だよ、とわざわざ言ってくる人に遭遇することがある。

ある会社で働いていた頃、私が退職する話を持ち出したら、「ここから逃げるように辞めることができて羨ましい」などと言われたことがある。

正直なところ、どれも余計なお世話だ。

どんな状況であれ、その時の自分の限界を超えてしまったり、どうしようもなくなりそうなら、その環境から逃げてしまっても良い。

逃げたい、というのは自分の意思のはずなのだから。

他の誰かが決めた基準など、当てにならない。

むしろ、わざわざ攻撃してくる人の言葉を疑った方が良いくらいだ。

自分の直観で、マズいな、もう無理だな、と思うところがあるなら、そこはもう自分の居場所ではない。

逃げるのは卑怯、という人の言葉に、自分の感情を振り回されてはいけない。

自分の思うように何事も決めれば良い。

いつだって自分で意思決定できる人が、勝ち。