スポンサーリンク

【読書感想】なぜかすべてうまくいく 1%の人だけが実行している45の習慣

読書
この記事は約2分で読めます。

「なぜかすべてうまくいく 1%の人だけが実行している45の習慣」井上裕之著を読んだ。

習慣や物事の捉え方の参考になれば良いな、と思い、本書を読み始めた。

セラピスト、歯科医として活躍している著者だからこそ、本書を読んでいると伝わってくる例がいくつもあった。

求めるべき本質的な「結果」は自分の心が肯定すること。

これでよかったと自分が心底満足すること。

これが、評価の大原則です。


「なぜかすべてうまくいく 1%の人だけが実行している45の習慣」 本文より抜粋

これまで、何事も誰かからの評価が全て、と思っていた節がある。

それと同時に、自分がしたことを、自分自身で肯定する、ということを疎かにしていたことにも気づいた。

本書を読んでいると、自分軸がブレず、良いことも悪いことも自分自身が受け入れる、ということに結びつく。

大事なのは何になりたいかということよりも、自分はどんなときに幸福を感じるか。


「なぜかすべてうまくいく 1%の人だけが実行している45の習慣」 本文より抜粋

自分が何になりたいか、自分が何をしたいか等、そういう類のことは、いくらでも考えてきたつもりだ。

けれども、自分がどんなときに幸福を感じるか、ということをあまり考えたことがない。

ひとりで過ごす時間を得た時は、今後やりたいことばかり考えていた。

結局のところ、何事においても優先順位をつけ、自己肯定感を大切にし、自分軸を整えていけたら最高ということに尽きるのだろう。