スポンサーリンク

年末年始の読書にオススメの本~マンガ・コミックエッセイ編~

読書
この記事は約5分で読めます。

はじめに…

年末年始に、のんびり過ごす時、マンガを楽しむのも良いリフレッシュになりそう。

2019年に読んだマンガ、イラストエッセイでオススメのものを紹介。

MOGUMOGU食べ歩きくま(1)/ナガノ

どの場所でも、美味しい食べ物との出会いだけではなく、些細な幸せを見つけることが上手なくまの様子が描かれている イラストエッセイ 。

うちのトイプーがアイドルすぎる。/道雪葵

トイプードルでなくとも、犬と暮らしている人だったら、自分の愛犬とのことにあてはめるなどして、楽しめるだろう。

ブラック・テラー/三堂マツリ

不気味と隣り合わせの街「クリーピー・サイド」が舞台となった、ショートストーリーは、恐怖と隣り合わせでありながら、どこか幸せな気持ちになる物語が詰め込まれている。

はとバスで東京散歩してきました/田中ひろみ

東京近郊に住んでいるからと言って、東京都内のことを知り尽くしているわけではないし、ツアーだからこそ快適に名所巡りなどができる、ということもわかるコミックエッセイ。

ねこくま、めしくま/ナガノ

読んでいて癒されるだけではなく、日々の暮らしの中にある、ほんの小さなことでも楽しむヒントを教えてくれている。

レズと七人の彼女たち/中村珍(中村キヨ)

著者である中村珍(中村キヨ)さんと七人の彼女たちについてのエッセイコミック。

夢中さ、きみに。/和山やま

滑稽さ、もがき、理不尽なこと、友情の芽生えなど学生時代だからこそ、味わえるものがあるのだろう、と思えるものがギュッと詰め込まれている 8編の短編。

半透明のアイスクリーム/ 黒谷知也

不思議な話、日常から切り取った一コマなど、どれも短編で描かれているからこそ、多くは語られておらず、想像力を掻き立てられる 13編の作品から成る短編集 。

大家さんと僕 これから/矢部太郎

大家さんと矢部太郎さんのお話は、ノンフィクションではなく脚色をしているから、フィクションだと矢部太郎さんは述べていらっしゃるが、そんなこと気にしないくらい魅力に引きつけられるエピソードに出会える。

最後に…

漫画、コミックエッセイなど、多岐にわたるラインナップがまとまった。

イラストがあるからこそ伝わってくるものがあると思うし、気負わず読めるのも魅力だ。

このまとめが、ご覧になったあなたの読書の参考になったら、嬉しい。