スポンサーリンク

レトロな雰囲気から最新トレンドまで楽しめる浅草グルメ

読書
この記事は約3分で読めます。

観光地・浅草ならではの雰囲気と最新トレンドが入り混じる風景

 東京の観光地としても外せない場所・浅草は、昔ながらのものなどを楽しめるだけではなく、近頃話題のグルメも楽しめる。

 ここでは、目で見て、舌で味わうグルメを浅草観光がてら記憶に残したいオススメのものを紹介したい。

MISOJYU

 みそ汁専門店・ MISOJYU は、 こじんまりとしたかわいい佇まいの店舗にて、こだわりの味噌汁を含む食事が楽しめる。

feb’s coffee&scone

 feb’s coffee&sconeは、隅田公園にも近い場所にある。コーヒーをはじめ、ドリンク各種がどれも美味しい。数量限定販売されているプリンも、絶品でオススメ。

たん鬼

 浅草駅からもほど近い場所にある、たん鬼では、リーズナブルな価格のランチから、目を引くメニューまで味わえる。

濃厚鶏麺ゆきかげ浅草本店

 濃厚鶏麺ゆきかげ浅草本店は、雷門近くに店がある。鶏白湯のトロリとした濃厚なスープは、やみつきになる旨さ。

アワーブス

 隅田公園の目の前にあるアワーブスは、ランチプレートなどが限定で登場するなど、訪れる楽しみがある。

浅草製麵所

 浅草製麵所は、隅田公園に近い場所に店があり、先に紹介した、feb’s coffee&sconeと近い。注文時には、3種ある麺を選ぶ楽しさもある。サイドメニューの餃子各種も美味しい。

フルーツパーラーゴトー

 フルーツパーラーゴトーでは、季節ごとのフルーツパフェ、フルーツサンドをオススメしたい。フルーツサンドには、ペリカンのパンが使用されているのも見逃せない。

レストランとうよう

 レトロな雰囲気漂う、レストランとうようでは、破格のパフェ各種と出会える。このほかに、ケーキセットもオススメしておきたい。

浅草は食欲を刺激されるものがあちこちにある

 浅草といえば、まず思い浮かべることが多いのは雷門や仲見世通りのあたりだろう。その周辺をちょっと歩くだけでも、食欲をそそられる店が軒を連ねていたりする。気の赴くままにあちこち歩き回っていると、チェーン店に負けぬほどの個人経営の飲食店の多さにも驚く。

 せっかく訪れた場所であれば、その場所ならではの喫茶店、甘味処、カフェ、飲食店など目で追うのも忙しくなるし、どこで落ち着こうかと迷うのもまた楽しい。

 古き良き情緒溢れるものから、最近話題のものまで店が溢れる浅草は、今日も賑やかだ。