スポンサーリンク

【読書感想】MOGUMOGU 食べ歩きくま(2)

読書
この記事は約2分で読めます。

「MOGUMOGU 食べ歩きくま(2)」ナガノ著を読んだ。

本書は、タイトルからもわかる通り、くまが国内外の様々な場所で食べ歩いたことについてのイラストエッセイ第2弾。

前作に引き続き、くまが思いつきで国内のあちこちに出かけている。

前作の紹介はこちら↓

くまのフットワークの軽さや目のつけどころは、見習いたくなるほど。

前日は旅行に行こうなどと考えず

当日の朝になって突然に決める

そうして自分自身を驚かせる事で

快感を味わいたい

自由を実感する遊び・・・

「MOGUMOGU 食べ歩きくま(2)」 本文より抜粋

何事も楽しんだ者勝ち、とはよく言ったもので、くまのこうしたところが羨ましくなる。

羨ましがっていないで、私もどんどん楽しもうと思うことにした。

本書を読んでいると、日帰りで行ける場所って、気持ちのもちようでどこまでも行けてしまうことに気づく。

日帰りで仙台に足を運んだくまって、すごい。

もっと気軽に思いつきで、どこかに出かけてグルメなどを楽しんでみたくなった。

また、どこかへ出かけた食べ歩きの話のみならず、ビジネスホテルでの朝食、むしゃくしゃした時の暴食など、くまの違った一面も必見。

本書は、ゆるくてかわいいイラストで描かれる食べ歩きのほか、自分を楽しませるヒントが盛り沢山である。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

MOGUMOGU食べ歩きくま(2) (ワイドKC) [ ナガノ ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2019/12/1時点)