スポンサーリンク

【読書感想】黒い家

読書
この記事は約1分で読めます。

不気味な雰囲気の表紙が目に留まり、「黒い家」貴志祐介著を読んだ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

黒い家【電子書籍】[ 貴志 祐介 ]
価格:508円 (2020/1/3時点)


本作品は、 第4回日本ホラー小説大賞を受賞しているホラーサスペンス小説である。

主人公は、生命保険会社の京都支社に転勤してきた若槻という男性で、保険金の支払いを査定している。若槻は主任という立場から、次々と査定する書類が手元にやってくる合間には、窓口に訪れる顧客、電話での問い合わせへの対応で日々を送っている。

そんな中、若槻を指名する顧客からの電話がかかってきたことから、若槻は恐ろしい出来事に巻き込まれていく。

作中では、主人公が生命保険会社で勤務することから、生命保険に関わる話題なども出てきて、生命保険への加入の有無のみならず、生命保険にまつわる事件などの背景なども描かれているのは、読みどころかもしれない。

主人公・若槻が対峙する奇妙な夫婦とのやりとりなどから、事件は生きている人間の怖さがこれでもか、というほど伝わってくる描写は、読んでいるだけでもゲッソリしてくる。

本作品は、1999年に映画化されているということで、小説として読んだおどろおどろしいものを映像でも観てみたくなった。