スポンサーリンク

【読書感想】甘い監獄

読書
この記事は約1分で読めます。

タイトルが気になったこと、そして“夫婦”がテーマの作品が収録されている短編集とのことで、「甘い監獄」大石圭著を読んだ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

甘い監獄【電子書籍】[ 大石 圭 ]
価格:660円 (2020/1/5時点)


この短編集は、前述の通り夫婦がテーマの作品が数編収録されている。

例えば、乗り気ではなかった見合いがきっかけで結婚を決意し、結婚後にとんでもないことになる男の話であったり、共依存になっている夫婦の姿を語る女性の話などが描かれていた。

長く連れ添うことが当たり前とされている結婚、夫婦のマンネリ、収入や暮らしのこと、どこかの誰かの話のように聞こえるものもあれば、自分の生活とどこか重なり合うようなものがあったりもする。

物語によっては、性癖などを晒すような描写もあるから、抵抗感を覚えることもあるかもしれない。

この短編集は、おもしろいかどうか、というよりも、怖いもの見たさで読むと良いかもしれない。