スポンサーリンク

【読書感想】実話怪事記 憑き髪

読書
この記事は約1分で読めます。

「実話怪事記 憑き髪」真白圭著を読んだ。本書はタイトルからも察するものがあるが、取材などから見聞きした実話をもとにした怖い話が語れている。


本書では、国内外問わず、誰かが体験した不思議な話、怖い話が語れている。本当にあったことなんだろうか、などと訝しんではいけないような不穏さが文章から伝わってくるような話ばかりだった。

見たことそのままに、どうしても答えにたどり着けないような不思議な出来事ってあるんだろうな、とも思う。

私は、誰かに語るほどの怖い話を経験したことがないから、こうやって実話をもとにした怖い話をわりと好んで読んでいる。