スポンサーリンク

【読書感想】MASK 東京駅おもてうら交番・堀北恵平

読書
この記事は約1分で読めます。

「MASK 東京駅おもてうら交番・堀北恵平」内藤了著を読んだ。

本作品の主人公は、堀北恵平という新人警察官だ。名前だけだと、男性かと思いこんでしまうが、女性警察官であり、名前は恵平(けっぺい)と読む。


タイトルからも察する通り、主人公は東京駅おもて交番に配属され、研修の日々を送っている。ある日、東京駅構内のコインロッカーから、箱詰めされた少年の死体が見つかったことから、主人公は事件捜査に協力する、というストーリーだ。

事件捜査に協力する主人公は、新人警察官ということで、前のめりになりがちなところも、初々しくて、危なっかしくも今後の活躍を期待したくなる人柄のように思った。

合間には、気にかけていたホームレスの方に主人公なりの親切をしてみるなど、人情味があるような描写もあった。

主人公が捜査協力している事件の真相は、おぞましくも悲しいものだった。

本作品では、事件を追う警察官の姿、警察官の日常のようなものなどを新人警察官の主人公の姿を通して、読み取れた。