スポンサーリンク

【読書感想】HELLO,DESIGN 日本人とデザイン

読書
この記事は約3分で読めます。

“デザイン思考”というものを理解したくて、「HELLO,DESIGN 日本人とデザイン」石川俊祐著を読んだ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

HELLO,DESIGN 日本人とデザイン (NewsPicks Book) [ 石川俊祐 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2020/2/5時点)


本書は、国内外での経験を活かし、デザインディレクターとして活躍する著者ならではの具体例を交えた内容で、とてもわかりやすい。

読み進めていくと、デザイン思考というものが、クリエイティブな仕事のみに必要なものではないことが、丁寧に述べられている。

デザインについての考え方としては、下記のようなことが語られていた。

デザインの本質は「課題の発見とその解決」にあります。「人が持っている課題の本質を見つけ、その上でそれを解決するための新しいモノ、体験、システムなどをつくり出すこと」がデザインのもっともベースとなる概念なのです。

「HELLO,DESIGN 日本人とデザイン」 本文より抜粋

これまでは、デザインについては、不便なものを便利にしていくためのもの、というよりは、アート寄りのものばかりを思い浮かべていた。

本書では、デザインについて、日本人はデザイン思考にぴったりの環境で暮らしている、というような内容が語られていた。具体例としては、自販機では投入した金額で買えるものにランプがつく仕様になっている、というのもデザインとして捉えられる、というようなことだ。

また、デザインすることに向いている思考であったり、人物像として下記のようなことが記述されている。

自分の「おもしろい!」「つまらない」「素敵だなあ」「なんでだろう?」「おかしくない?」「引っかかる」「気になる」に蓋をせず、大切にできる人。それをもとにしたアイデアを、臆さず相手に伝えられる人です。

「HELLO,DESIGN 日本人とデザイン」 本文より抜粋

このような捉え方というのは、わりと誰でもするだろうが、伝えるべき相手にアプローチできる人となると限られてくるのかもしれない。本書の中では、海外企業と比較すると、日本企業は、若手社員がデザインに携わるチャンスが多い、とのこと。

たしかに、「使ってみたいな」「おもしろいな」と思うようなものの開発者として、取材されている人が若手社員というのも、珍しいことではない、ということを思い出した。

このほかにも、デザイン思考について、下記のようなことが述べられている。

デザイン思考とは、観察で得た主観を重視したアプローチです。

「自分はなにをリサーチし、そこからなにを感じとり、どういう意味づけをほどこして、アイデアにつなげていくか」の思考法

「HELLO,DESIGN 日本人とデザイン」 本文より抜粋

デザイン思考を知れば知るほど、著者が述べているように、日常生活のあちこちにデザイン思考が生み出したであろう便利なものが存在している。デザイン思考という言葉を知らずとも、不便なことを便利なものにしていく、便利なものをより便利にする、というのはどの分野においても、得意とする人が大勢いることだろう。

デザイン思考を持った人が、そのプロジェクトにいるかどうかで便利なものにも不便なものにもなる、ということがここでも具体例を通して理解できた。

本書を読んでみたことで、デザイン思考というものが、ある特定の分野の人にのみ必要なものではないことが、よくわかった。