スポンサーリンク

【読書感想】影の斜塔 警視庁文書捜査官

読書
この記事は約1分で読めます。

「影の斜塔 警視庁文書捜査官」麻見和史著を読んだ。

本作品は、警視庁文書解読班が、とある事件の関係者から文書を入手せよ、との命令を受け、数少ないヒントから該当の人物を見つけ出す、というようなストーリーだ。

文書解読班、という名前からも察する通り、所属している面々は、不安になりそうなほどの手がかりから目的へたどり着こうとする切れ者揃い、とも言える。

命令された文書の入手にたどり着けない場合、文書解読班の存続も危ぶまれる、ということも描写されていることから、ハラハラしながらストーリーを追った。

ある文書を入手することが目的としつつ、警察内部での人間模様も描かれていることも、警察小説ならではの駆け引きかな、と思い、楽しめた。