スポンサーリンク

【読書感想】警視庁53教場

読書
この記事は約1分で読めます。

 「警視庁53教場」吉川英梨著を読んだ。

 本作品は、警察学校教官が自殺死体で発見されたことから、主人公の刑事が亡くなった教官の警察学校時代の同期であり、不審な点があったことから捜査し始める、というストーリー。

 主人公は、捜査していく上で自分たちの警察学校時代の同期たちを捜査する必要が出てきて、過去の教場での出来事と亡くなった教官が受け持っていた教場での出来事などが描かれてもいる。

 主人公の娘が、亡くなった妻の連れ子であり血縁はないが、血縁関係以上の結びつきがあるところには、心揺さぶられるものがあった。

 過去のことと現在に至るまでが、教場での出来事などから絡みつき、教官の死に関わる真相にたどり着く。決して明るいストーリーではないし、心救われるようなこともないけれど、こういう生き方を選ばざるを得ないこともあるのかもな、というものを読み取った気がした。


スポンサーリンク
読書
adminをフォローする
スポンサーリンク
カメラと散歩と読書日和