スポンサーリンク

【読書感想】わたしの中のこと~とある漫画家の子宮筋腫闘病日記~

読書
この記事は約2分で読めます。

 女性だからこそ知っておきたい、と思い、「わたしの中のこと~とある漫画家の子宮筋腫闘病日記~」嬉野めぐみ著を読んだ。

 本書は、タイトルからも察する通り、著者による体験談をコミックエッセイとして描写されている。子宮筋腫について、どんな自覚症状があるのかであったり、どういうものなのかなど、イラストで描かれているからわかりやすい。

 著者の場合は、検診でわかっていたことがあるものの様子をみているところで、急な悪化があったようなので、毎年の婦人科検診が大切なことだということが伝わってきた。婦人科検診を受けていなければ、事前に自身の体調の変化で思い当たることも思い浮かばないだろう。
ちょっとした不調でも、気がかりなことがあるならば、婦人科へ行けるよう、安心できるかかりつけの病院を見つけておきたい。

 本書では、著者の不調によってかかりつけの病院に行き、大学病院へ紹介され、手術することになったこと、手術前後のこと、入院中のこと等、女性のみならず参考になることが描かれていた。
現時点において、不調でなくても、いつ自分の身体に何があるかわからないし、自分の身近な人にも同じことが言える。
備えられること、知っておいて損はないこととして、本書に目を通しておいて良かった。