スポンサーリンク

【読書感想】凶鳴怪談

読書
この記事は約1分で読めます。

 時々、怖い話の類を読みたくなる。ちょうど怖い話を読みたくなり、「凶鳴怪談」岩井志麻子、徳光正行著を読んだ。

 本書は、岩井志麻子さん、徳光正行さんそれぞれが誰かから見聞きしたであろう怖い話が語られている。どの話も、短すぎず長すぎずちょうど良いボリューム感で記述されているから、飽きずに読み進められるだろう。

 岩井志麻子さん、徳光正行さんの語るものは、幽霊などが登場するようなわかりやすい怖い話、というよりも、生きた人間だからこその不気味さなどが描写されているものが多かった印象だ。この瞬間にも、どこかで誰かがと思うとなんとなくざわつくような気もする。

 どうにも説明がつかないものというものが、いつまでもまとわりついてきそうな怖いものなんだな、ということだったり、独特の怖い話を楽しめた。

 巻末には、岩井志麻子さん、徳光正行さんの対談もあり、それぞれの怖い話をより一層盛り上げるようなものになっている。