スポンサーリンク

【読書感想】霧こそ闇の

読書
この記事は約1分で読めます。

 「霧こそ闇の」仲町六絵著を読んだ。

 本作品は、戦国時代の大和を舞台にした、大名に仕える典医と不思議な力を持つ妻の物語だ。

 歴史に疎く、時代背景などもなんとなくしか記憶にはない私ではあるが、登場人物たちが頭の中に姿が思い浮かんでくるような気持ちになるような感覚で作品に浸かり、感情を揺さぶられるかのように読み進めた。

 物の怪、呪術などファンタジー要素もあり、禍々しいものはそれらしく、切ないものもそれ相応に表現されていたのも、作品を一層盛り上げていた。

 小難しい表現は少なく、抵抗なく読める時代物というのは、ありがたい。