スポンサーリンク

【読書感想】方違異談 現代雨月物語

読書
この記事は約1分で読めます。

 たまに怪談話を読みたくなる。今回は、「方違異談 現代雨月物語」籠三蔵著を読んだ。

 本書は、著者が体験したもの、取材したものを28話ほどまとめた怪談集だ。語られている話は、物の怪、憑き物筋、生霊が多かったように思う。

 神社仏閣についての話がいくつかあったのが、とても印象的だった。神社仏閣への参拝について、より気持ちをあらためるような話と本書で出会ったことは、今後のことにも繋がるので、とても参考になった。

 私は、霊感体質ではないだろうし、あまり怖い体験をしたことがないからこそ、こうやって本書のような怪談集を嬉々として読んでいるところがありつつも、自分の振る舞いなどを思い直すこともある。

 本書を読んだことで、ちょっと興味をそそられるものとの出会いもあった。