スポンサーリンク

【読書感想】実話奇譚 夜葬

読書
この記事は約1分で読めます。

 著者による現地調査を踏まえた実話がまとめられた、「実話奇譚 夜葬」川奈まり子著を読んだ。

 本書で紹介されている怪談話は、体験者が怪談好きな人ばかりではないはずだけれど、何かをきっかけにして怪異という特殊な経験をされた、という人々への取材をもとに語られている。

 ある話では、著者が怪異についてのインタビューをしようと体験者とやりとりを始めた頃から、怪我をしたりするなど不幸に見舞われる体験者のこと、その後に著者も遭遇した不思議なことなども記述されていた。

 ほかにも、縁切りがテーマになった不思議で怖い話、幼い頃の体験者と死んだ祖父との出来事など、体験した人だからこそ語ることができるであろう話が多々収録されていた。

 あとがきにて、著者がこういった怪談本が、この世とあの世を繋いでいる、というようなことを綴られていた。面白半分で足を踏み入れてはならないことも多いジャンルだとも思うから、その言葉に納得だった。