スポンサーリンク

【読書感想】拝み屋備忘録 ゆきこの化け物

読書
この記事は約1分で読めます。

 著者が怪談家である前に拝み屋である、ということに興味を持ち、「拝み屋備忘録 ゆきこの化け物」郷内心瞳著を読んだ。

 本書では、拝み屋である著者のもとに訪れた人々の話が紹介されており、おそらくほとんどの話が東北を舞台としている。収録されている話は、祟りや憑き物についてのものばかりを集めたそうだ。

 タイトルにもなっている「ゆきこの化け物」という話は、これに繋がるものが本書の中で、いくつか語られている。あまり語ってしまうとネタバレにもなってしまうが、化け物というのは、人によっては受け取り方次第にもなってしまうこともあるんだな、とも思った。

 本書を読んでみて、祟りや憑き物の怖い話ばかりではなく、人としてすべきではないこと、というのを示唆してくれるような内容がいくつも語られていて、自分の身をより一層正したくなるような気持ちにもなった。