スポンサーリンク

【読書感想】家族もうつを甘くみてました

読書
この記事は約2分で読めます。

 私の身内には、うつ、パニック障害、双極性障害などを患っている人が幾名かいる。こういったことは、私に限らずということでもあるが、身近な人への接し方などで悩むことが減るよう、関連する書籍を読んだりしている。

 「家族もうつを甘くみてました」ブリ猫。著は、著者自身のことをコミックエッセイとして描いたものだ。

 うつになり、処方された薬を過剰摂取したり、夫からの理解が得られなかったことなどが、丁寧に描かれている。著者の両親が、理解しようとしたり、手を差し伸べてくれるような存在であることが、よく伝わってきた。

 作中で描かれていた、当時のブリ猫。さんの夫や両親の発言や心中というのは、私にも身に覚えがあったし、現在も継続中である。うつは、“心のかぜ”とも言われているが、身近な人と接していると、そう簡単には完治しないものだということが伝わってくるし、周りの人はただ見守ることしかできないもどかしさがある。

 本作品を読んでみて、うつを患った人とその家族のそれぞれの心情、行動などがよく描かれていて、私には見守ることしかできないんだな、ということを改めて確認できた。その人ごとの状態もあるし、どんなことにも正解・不正解と決めつけてはならない。
ただ、相手に寄り添う気持ちを持ち合わせておくことが大切なことなんだな、と教えてもらった気がしている。