スポンサーリンク
読書

【読書感想】魍魎の匣

 前作「姑獲鳥の夏」を読んでみて、京極夏彦作品への興味が増したことから、続け様に「魍魎の匣」を読み始めた。  「姑獲鳥の夏」については、こちらから↓  さて、本作品「魍魎の匣」は、百鬼夜行シリーズ第2弾だ。あらすじ...
読書

【読書感想】姑獲鳥の夏

 タイトルや著者のことは知っていても、作品に触れたことがない、というものが多々ある。それは、小説、漫画、映画など、様々なジャンルにおいて、誰しもが抱えているものだろう。  私にとっては、京極夏彦作品がそれにあたる。どこの書店に行って...
読書

【読書感想】予言の島

 "初読はミステリ、2度目はホラー"という、作品紹介が気になり、「予言の島」澤村伊智著を読んだ。ちなみに、これは現時点では初読後に感想を綴っていることを、ここに記す。 予言の島【電子書籍】価格:748円 (2021/6/18時点) ...
スポンサーリンク
読書

【読書感想】祝言島

 私は、たまにイヤミスを読みたくなる。特に、真梨幸子さんの作品に出会ってからは、無性にイヤミスならではの後味の悪さを味わいたくなることがある。今回も、そんな衝動に駆られ、「祝言島」を読んだ。 祝言島【電子書籍】価格:913円 (20...
読書

【読書感想】アイヌ文化で読み解く「ゴールデンカムイ」

 私は、アニメ化された「ゴールデンカムイ」を観たことがきっかけで、原作の「ゴールデンカムイ」を読むようになった。原作コミックスを読むと、巻末に「ゴールデンカムイ」のストーリーを描いていく上で参考にしたもの、協力された博物館や監修者、協力者...
読書

【読書感想】異端の祝祭

 芦花公園さんの前作、「ほねがらみ」がとても好きなテイストだったことから、著者にとって2作目となる「異端の祝祭」を読んだ。  前作「ほねがらみ」についての感想は、こちら↓ 異端の祝祭【電子書籍】価格:748円 (2...
読書

【読書感想】ほねがらみ

 たまたま某電子書籍のメルマガを目に通し、そこで目に留まったことから、「ほねがらみ」芦花公園著を読んでみたくなった。  本作品は、著者が小説投稿サイトに投稿したものが書籍化されたもので、著者にとってデビュー作だそう。"はじめに"のと...
読書

【読書感想】などらきの首

 澤村伊智さんの比嘉シリーズを好んで読んでいるつもりでも、1冊だけ読んでいないままなのは少しばかり落ち着かないな、と思っていた。ここのところ、漫画ばかり読んでいたし、小説を読みたくなってきたような気もして、「などらきの首」を読んだ。 ...
ライフスタイル

着心地の良いTシャツに出会うまで、とそれからのこと

シーズン問わず着ていたいTシャツ探し  いつの頃からか、私にとってTシャツは夏に着るだけのものではなくなった。Tシャツは、部屋着や寝間着としても使用しているし、カーディガンやパーカーを羽織れば一年中大活躍するのだ。  私が好む...
読書

【読書感想】おしゃべりな人見知り

 料理ブロガー・料理コラムニストである山本ゆりさんの5年ぶりのエッセイ集「おしゃべりな人見知り」を読んだ。山本ゆりさんのブログは、今でも時々拝見するほど好きだ。いつからだったか、TwitterやInstagramのアカウントも作られていて...
スポンサーリンク