スポンサーリンク
読書

【読書感想】同志少女よ、敵を撃て

 Twitterのタイムラインで、何度か見かけたことで興味を持ち、「同志少女よ、敵を撃て」逢坂冬馬著を読んだ。  「同志少女よ、敵を撃て」は、著者・逢坂冬馬氏のデビュー作品であり、第11回アガサ・クリスティー賞受賞でもある。 ...
読書

【読書感想】そして誰も死ななかった

 ミステリー作品を読みたくなって何か気に入る作品がないものかと探していたところ、カバーイラストが目に留まり、試し読みをしたら続きが気になったことから、「そして誰も死ななかった」白井智之著を読むことにした。 そして誰も死ななかった (...
読書

【読書感想】まばゆい

 昨年、僕のマリさんの「常識のない喫茶店」を読み、喫茶店で働いていた僕のマリさんの日々にちょっとした刺激を受けたようなつもりでいた。とはいうものの、次回作である「まばゆい」になかなか手を出せずにいたのも事実だ。  さすがにYouTu...
スポンサーリンク
読書

【読書感想】追懐のコヨーテ The cream of the notes 10

 毎年年末の近づいた頃、発売される森博嗣先生のエッセイシリーズ第10弾「追懐のコヨーテ The cream of the notes 10」を読んだ。 追懐のコヨーテ The cream of the notes 10【電子書籍】価...
読書

【読書感想】遅く起きた日曜日にいつもの自分じゃないほうを選ぶ

 「遅く起きた日曜日にいつもの自分じゃないほうを選ぶ」スズキナオ著を読んだ。  本書は、「深夜高速バスに100回ぐらい乗ってわかったこと」の続編にあたる、とのまえがきがあった。私は前作を未読ではあるけれど、「遅く起きた日曜日にいつも...
おでかけ

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園には、童話の世界みたいな景色がある

 埼玉県飯能市にある、トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園は、その名からも察する人もいるであろう「ムーミン」の作者であるトーベ・ヤンソンに埼玉県飯能市の職員が手紙を送ったことがきっかけとなり、1997年に北欧の童話の世界観を体験できる公...
フード&ドリンク

埼玉県飯能市にある、メッツァビレッジで北欧気分を楽しむ

 埼玉県飯能市にあるメッツァビレッジへ出かけた。メッツァビレッジは、宮沢湖の湖畔にあり、ムーミンバレーパークと隣接した北欧気分を味わえる施設だ。  メッツァビレッジあるいはムーミンバレーパークへ向かう場合、西武池袋線飯能駅もしくは東...
旅行

新潟・越後湯沢の駅ナカやコンビニで購入したお土産をまとめて紹介

新潟・越後湯沢ならではのお土産を見つけたい  どこかへ出かけたい、と思っても以前よりも躊躇してしまうようなご時世ではあるけれど、自分なりの対策をしつつ、新潟・越後湯沢へ旅行してきた。私が訪れたのは、越後湯沢駅構内にある、CoCoLo...
読書

【読書感想】常識のない喫茶店

 Twitterのタイムラインに流れてくるフォロワーのツイートなどで、なんとなく見知っていた"僕のマリ"というアカウント。なんとなくそのアカウントが気になり始め、エッセイを出版されることを知り、試し読みをしたら続きを読みたくなったのが、こ...
読書

【読書感想】マイフィンランドルーティン100

 Twitterでフォローしている人が本を出版することになると、とても嬉しい。たとえ顔見知りでなくとも、ツイートされている内容などから伝わってくるような人柄などがあると思う。週末北欧部chikaさんは、前述のような気持ちや何かが溢れてくる...
スポンサーリンク