人間関係

スポンサーリンク
読書

【読書感想】プライドが高くて迷惑な人

「プライドが高くて迷惑な人」片田珠美著を読んだ。 精神科医の著者が述べる、“プライドが高くて迷惑な人”は、そこかしこにいる。 自分もそうかもしれない、とすら思うような節もあり、本書を読むに至った。 過去の成功体験...
読書

【読書感想】「誰かのため」が、「自分のため」につながる

「「誰かのため」が、「自分のため」につながる」中村由美著を読んだ。 CURRY HOUSE「CoCo壱番屋」で 、20年以上にわたり社長秘書を務めた著者だからこその仕事術を知りたくなり、本書を読むに至った。 社内外問...
ライフスタイル

逃げても良い、という選択肢は自分だけのもの

いつだって、逃げるのは卑怯だよ、とわざわざ言ってくる人に遭遇することがある。 ある会社で働いていた頃、私が退職する話を持ち出したら、「ここから逃げるように辞めることができて羨ましい」などと言われたことがある。 正直なところ、ど...
読書

【読書感想】会社では教えてもらえない 集中力がある人のストレス管理のキホン

「会社では教えてもらえない 集中力がある人のストレス管理のキホン」川野泰周著を読んだ。 ストレスを溜めないようにする、というのは難しい。 自分にとって、ちょうどいいストレスというのも、加減がつくものでもない。 私...
読書

【読書感想】一緒にいると楽しい人、疲れる人

「一緒にいると楽しい人、疲れる人」有川真由美著を読んだ。 性別問わず、様々な年齢の人々と関わることがあるのが、会社というもの。 役職や雇用形態も多様で、人の数だけ性格も考え方も目の当たりにする。 多くの人と関わってきたか...
読書

【読書感想】実践!「仕事の成功」は気配りが9割

「実践!「仕事の成功」は気配りが9割」浜口直太著を読んだ。 気配りできる人が必ずしも立身出世に絡んでいる場合ではないこともあるな、と思うところがあり、本書を読むに至った。 私の勝手な意見ではあるが、気配りできる人は輝か...
ライフスタイル

気になったこと、忘れたくないことをメモする習慣で意識が変わる

私は、気になったことは納得するまで調べることが好きだし、なにかとメモ書きしていることが多い。 単なる自己満足でしかないけれど、自分の為になるであろうことに注力するのは時間も労力も惜しくない。 できれば時間短縮したいこともあるけ...
ライフスタイル

決めつける、ということが何かを知るきっかけの邪魔になる

誰かのことについてだとか、なにかにつけて決めつけることが癖になっている人を見かけたことはないだろうか。 決めつける、ということが、その人にとって見えていなかったこと、知らなかったことに気づけないままでいる状態のままになることがあるの...
読書

【読書感想】消したくても消せない嫉妬・劣等感を一瞬で消す方法

「消したくても消せない嫉妬・劣等感を一瞬で消す方法」大嶋信頼著を読んだ。 理由がはっきりとしないけれど、なぜか自分自身のイライラが気になることがあった。 本書を読み進めるにつれ、自分がイライラする原因などに思い当たる節...
ライフスタイル

誰かの言葉ばかりではなくて、自分の意思を大切にする

あらゆる口コミサイト、ネットストアのユーザーレビューなど、誰かの言葉を確かめなければ、食事する店を決めたり、商品を買うことすらできない、というのは、もうやめたい。 誰かがつけた評価は、一見頼りがいのあるもの。 けれど、...
スポンサーリンク