夫婦

スポンサーリンク
読書

【読書感想】臣女

 数年前、テレビ番組で紹介されている時から、なんとなく気になったままでいた「臣女」吉村萬壱著を読んだ。  本作品は、ある日、夫の浮気を知った妻の身体が、日に日に異形のものへと変化する。妻の身体が、日々変化していくのは、まるで夫の浮気...
読書

【読書感想】水やりはいつも深夜だけど

タイトルと表紙が目に留まり、「水やりはいつも深夜だけど」窪美澄著を読んだ。 本書は、6つの短編作品が収録された短編集だ。タイトルにも繋がるかな、というところで、どの短編も植物がテーマにちなんで作中にも登場する。 聞いたことがな...
読書

【読書感想】甘い監獄

タイトルが気になったこと、そして“夫婦”がテーマの作品が収録されている短編集とのことで、「甘い監獄」大石圭著を読んだ。 甘い監獄【電子書籍】価格:660円 (2020/1/5時点) この短編集は、前述の通り夫婦がテーマの作品が...
スポンサーリンク
読書

家族・夫婦がテーマのオススメ本まとめ

話題にしにくいこともあるから気になる家族・夫婦のこと 家族や夫婦のことって、親しい間柄でも話題にしにくいこともあるから、余計に気になる。誰か教えてくれないかな、と思うことも年々増えてくる問題もある。 家族や夫婦の会話としても、...
読書

【読書感想】皿洗いするの、どっち? 目指せ、家庭内男女平等!

「皿洗いするの、どっち? 目指せ、家庭内男女平等!」山内マリコ著を読んだ。 本書は、山内マリコさんが、旦那さんと結婚に至るまでの同棲生活から、結婚後の生活までを綴ったエッセイだ。 山内マリコさんが述べる日常、彼氏として夫として...
読書

【読書感想】カサンドラ症候群 身近な人がアスペルガーだったら

「カサンドラ症候群 身近な人がアスペルガーだったら」岡田尊司著を読んだ。 本書を読むまで、私は「カサンドラ症候群」について知らなかった。 たまたま読み始めた本書で、もしかしたら私は「カサンドラ症候群」に片足を突っ込んでいるのか...
読書

【読書感想】明日死ぬかもしれないから今お伝えします

「明日死ぬかもしれないから今お伝えします」サトウヒロシ著を読んだ。 本書は、絵本ではあるが、どちらかと言うと大人向けの内容かもしれない。 子供に読み聞かせる、というよりは、ショートストーリーだからこそ、大人が読んでいる...
読書

【読書感想】ある男

「ある男」平野啓一郎著を読んだ。 ある女性の亡くなった夫が、実は全くの別人だった、という依頼を弁護士が引き受けたことでストーリーが始まる。 依頼を受けた弁護士自身は、自分自身のルーツであったり、家族のことで悩んでいることがあり...
読書

【読書感想】指人形

「指人形」花房観音著を読んだ。 本書には表題作「指人形」を含む、いくつかの短編が収録されている。 女性の欲望を描いた短編集とのことで、どの作品も、女性が男性を求めることが官能的に描かれている。 作品によっては、女性が男性...
読書

【読書感想】ふたりぐらし

「ふたりぐらし」桜木紫乃著を読んだ。 夫の視点からの短編、妻の視点からの短編が交互に織り成す本作は、夫婦のこと、義理の親たちのこと、自分たちの生活のこと等、誰しもが出くわす可能性があることが描かれている。 子どもがいる...
スポンサーリンク