恋愛

スポンサーリンク
読書

【読書感想】東京カウガール

 「東京カウガール」小路幸也著を読んだ。  本作品は、主人公であり、カメラマン志望の大学生でもある木下英志が、とある公園で夜景を撮影していると、偶然、殴打事件を目撃してしまうことから始まるサスペンスストーリーだ。  木下英志は...
読書

【読書感想】私はクズ男製造機~憎めない男たちとの最高な思い出~

「私はクズ男製造機~憎めない男たちとの最高な思い出~」北崎りょう著を読んだ。 ダメンズ、クズ男、様々な呼称がある。 本文では、過去に付き合ってきた男性に対する鬱憤を晴らす、というよりは、過去の出来事として、ご自身のことも含めて...
読書

【読書感想】中村珍初期マンガ集ちんまん(※シリアスなのだけ)

「中村珍初期マンガ集ちんまん(※シリアスなのだけ)」中村珍著を読んだ。 タイトルだけで判断するより、読んでみよう、と思う方が楽しめる。そう思える作品が6編収録されているのが、本書である。 6作品は、時代背景も様々な人間模様が描...
スポンサーリンク
読書

【読書感想】神様の暇つぶし

「神様の暇つぶし」千早茜著を読んだ。 タイトルからは想像もつかないような、読んでいると苦しくなったり、涙がこみ上げてきそうになる、様々な感情を揺さぶられる物語だった。 作中で、「あのひとを知らなった日々にはもう戻れない」という...
読書

【読書感想】ブスの自信の持ち方

「ブスの自信の持ち方」山崎ナオコーラ著を読んだ。 最近、女性の生きづらさなどがテーマの本をよく読んでいる。 生きづらいのは、性別だけに囚われるべきではないことは、なんとなくわかっているつもりだ。 本書では、「ブス」の敵が...
読書

【読書感想】丑之刻子、参ります。

「丑之刻子、参ります。」黒史郎著を読んだ。 本作品は、主人公であり、代々呪詛師の家系で生まれた丑之刻子が、 昼間は某企業でOLとして働く馬野時子の姿を持っている、というところが、なかなかインパクトがある。 呪詛師の顔、...
読書

【読書感想】女に生まれてモヤってる!本当は「自分らしく」いたいだけなのに

「女に生まれてモヤってる!本当は「自分らしく」いたいだけなのに」ジェーン・スー、中野信子著を読んだ。 本書は、コラムニストであるジェーン・スーさん、脳科学者である中野信子さんが対談形式で、女性の生き方の多様化など、これまでにモヤっと...
読書

【読書感想】白いしるし

「白いしるし」西加奈子著を読んだ。 アルバイトをしながら絵を描いている夏目が、友人に誘われて訪れた個展で出会った画家と1つの作品に心奪われる。 夏目は、傷つくような恋愛を遠ざけて、この数年を過ごしてきた。 しかし、前述の...
読書

【読書感想】ふがいない僕は空を見た

「ふがいない僕は空を見た」窪美澄著を読んだ。 本書は、連作長編となっており、各章を読むごとに、登場人物たちが抱えているものが見えてくる。 イベントで出会ったコスプレやアニメが好きな主婦と不倫している男子高校生のこと、その男子高...
読書

【読書感想】五つ星をつけてよ

「五つ星をつけてよ」奥田亜希子著を読んだ。 本書は、表題作「五つ星をつけてよ」を含む、6編が収録されている。 どの話も、誰かを評価したり、自分が評価される側だったりする人々のストーリーであることが共通する。 スト...
スポンサーリンク