Kindle

スポンサーリンク
読書

【読書感想】妹と猫

「妹と猫」奥田徹著を読んだ。 「妹と猫」は、このタイトルの作品以外にもいくつか収録されている短編集だ。 いくつか収録されている作品のうち、「ヨビダシガカリ」という作品の部分的なものが記憶に残った。 同窓会の誘いをきっかけに繰り広げ...
読書

【読書感想】消された藩主

はじめに... 作品のタイトルや作品紹介の内容に目が留まり、「消された藩主」金居真大著を読みました。 読書感想 「消された藩主」は、矢野という大学生が、彼の祖父の蔵に古文書があるのを見つけ、好奇心から古文書の内容を知りたい、と思い、行...
読書

【読書感想】足音にロック

はじめに... 「死の足音が聞こえる。...」から始まる作品の内容紹介に、ふと目が留まり、「足音にロック」奥田徹著を読みました。 読書感想 「足音にロック」奥田徹著は、人材派遣会社で営業を担当している福岡という男性が主人公が、ある日、...
スポンサーリンク
読書

【読書感想】青森県八戸市立探偵・奥入瀬アイリーン滋子 (SeasonⅠ「やと」じゃないぞ、「はちのへ」だ編)

はじめに... 私立探偵ではなく、公立探偵という設定にも興味が湧き、「青森県八戸市立探偵・奥入瀬アイリーン滋子 (SeasonⅠ「やと」じゃないぞ、「はちのへ」だ編)」菅原裕一著を読みました。 読書感想 「青森県八戸市立探偵・奥入瀬アイリー...
読書

【読書感想】私的怪談

はじめに... 「私的怪談」というタイトルに心惹かれるがまま、小説家である真梨幸子さんがこれまでに体験した不思議な出来事の話を読み始めました。 読書感想 これまでに私は、真梨幸子さんの名前を存じ上げず、しかしこれまでの作品を調べてみた...
読書

【読書感想】ニシカレ♪~第二子は彼の子を~

はじめに... 著者・菅原裕一さんの作風が、わりと好きなので「ニシカレ♪~第二子は彼の子を~」を読みました。 読書感想 「ニシカレ♪~第二子は彼の子を~」は、2006年頃に携帯小説として大ヒットした作品だそうで、昼ドラのような内容とも作品説...
読書

【読書感想】プラ子旅する。

はじめに... タイトルに惹かれ、旅行記かな、なんて思いながら「プラ子旅する。」プラ子(栗山さやか)著を読み始めました。 読書感想 「プラ子旅する。」は、プラ子こと栗山さやかさんによる、アフリカなどでのボランティア体験記、とも言うべき現在進...
読書

【読書感想】~空葬(そらそう)~喪服のチャックが閉まらない

はじめに... いくつかの作品を読んだことのある菅原裕一さんの書き下ろし作品とのことで、「~空葬(そらそう)~喪服のチャックが閉まらない」を読んでみました。 読書感想 「~空葬(そらそう)~喪服のチャックが閉まらない」は、第2回東京オ...
読書

【読書感想】エスカレーターボーイ

はじめに... Kindleダイレクトパブリッシング『原作開発プロジェクト』コンテスト大賞受賞作、というのを見かけたことから、大石ロミー著「エスカレーターボーイ」を読みました。 読書感想 Kindleダイレクトパブリッシング『原作開発プロジ...
読書

【読書感想】お遍路小娘

はじめに... 本を読みたいけれど、何を読みたいのか決まっておらず、Kindleストアで検索をし続けていたら、ふと目に留まって、「お遍路小娘」いとうあゆみ著を読んでみました。 読書感想 今まで私は、お遍路、というものを何となく知っているつも...
スポンサーリンク