短編集

スポンサーリンク
読書

【読書感想】などらきの首

 澤村伊智さんの比嘉シリーズを好んで読んでいるつもりでも、1冊だけ読んでいないままなのは少しばかり落ち着かないな、と思っていた。ここのところ、漫画ばかり読んでいたし、小説を読みたくなってきたような気もして、「などらきの首」を読んだ。 ...
読書

【読書感想】ぜんしゅの跫

 比嘉姉妹シリーズ第5弾「ぜんしゅの跫」澤村伊智著を読んだ。本作品は、表題作を含む5作品が収録された、短編集だ。  比嘉真琴と野崎の結婚式の様子などが描写されている「ぜんしゅの跫」は、近隣で噂になっている“見えない通り魔”を調査する...
読書

【読書感想】さいはての彼女

 “ 女性と旅と再生をテーマにした、爽やかに泣ける短篇集 ”というところが気になり、「さいはての彼女」原田マハ著を読んだ。  原田マハさんの作品は、これまでに読んだことがないものの、エッセイを読んだことがあり、どんな物語が紡がれてい...
スポンサーリンク
読書

【読書感想】きみにかわれるまえに

 Twitterで著者がツイートしていた試し読みを目にして、「きみにかわれるまえに」カレー沢薫著を読んだ。  本作品は、タイトルからも察することかもしれないが、ペットを飼うことに関する17話の短編がまとめられている。  ペット...
読書

【読書感想】すべての神様の十月

 知らず知らずのうちに神様と関わっているかも?とワクワクするような短編が詰まった連作集と知り、「すべての神様の十月」小路幸也著を読んだ。  この短編集では、それぞれの短編に最低でも1人の神様が登場する。たまたま人間と契約を交わしてし...
読書

【読書感想】誰もいない夜に咲く

短編集「誰もいない夜に咲く」桜木紫乃著を読んだ。どの短編作品も、舞台は北海道の街のどこか。 収録されているどの作品でも主人公たちが、なにかを諦めているような女性ばかりが描かれているように読み取れた。 誰もいない夜に咲く【電子書...
読書

【読書感想】ワン・モア

連作短編集「ワン・モア」桜木紫乃著を読んだ。 本書は、死、再生、愛がテーマと言えそうな短編が連作となっている。前の短編では主人公だった人物が、別の短編では登場人物の1人となっているから、連作作品はおもしろい。 登場人物たちの中...
読書

【読書感想】水やりはいつも深夜だけど

 タイトルと表紙が目に留まり、「水やりはいつも深夜だけど」窪美澄著を読んだ。  本書は、6つの短編作品が収録された短編集だ。タイトルにも繋がるかな、というところで、どの短編も植物がテーマにちなんで作中にも登場する。  聞いたこ...
読書

【読書感想】甘い監獄

タイトルが気になったこと、そして“夫婦”がテーマの作品が収録されている短編集とのことで、「甘い監獄」大石圭著を読んだ。 甘い監獄【電子書籍】価格:660円 (2020/1/5時点) この短編集は、前述の通り夫婦がテーマの作品が...
読書

【読書感想】ぶたぶた

「ぶたぶた」矢崎存美著を読んだ。 本書は、バレーボールくらいの大きさのかわいいぶたのぬいぐるみ、の山崎ぶたぶたと出会った人々の物語を集めた短編集だ。 山崎ぶたぶたは、とってもかわいいぶたのぬいぐるみだけれど、ある時は会社員、レ...
スポンサーリンク