読書

スポンサーリンク
読書

年末年始の読書にオススメの本~マンガ・コミックエッセイ編~

はじめに... 年末年始に、のんびり過ごす時、マンガを楽しむのも良いリフレッシュになりそう。 2019年に読んだマンガ、イラストエッセイでオススメのものを紹介。 MOGUMOGU食べ歩きくま(1)/ナガノ どの場...
読書

年末年始の読書にオススメの本~ビジネス書編~

はじめに... 年末年始だからこそ、まとまった時間ができたりして、気になるタイトルの本を読みたくなる。 せっかく読むなら、年始からのやる気に繋がりそうな内容に触れたい人の為に、オススメのビジネス書をまとめてみた。 大人の...
読書

年末年始の読書にオススメの本~自己啓発書編~

はじめに... 年末年始に読んだ本がきっかけで、年始からの気持ちの持ちようが変わることがあるかもしれない。 せっかくならば、年末までにあったことを吹き飛ばせるような気分転換ができそうな自己啓発書をまとめてみた。 しいたけ...
スポンサーリンク
読書

年末年始の読書にオススメの本~エッセイ編~

はじめに... 年末年始の話題がのぼり始めると、どう過ごそうかと思い巡らす。 どこかに出かけるのも良いけれど、せっかくまとまった時間があるのなら、気になっていた本を読む時間にあてても良さそう。 2019年に私が読んだエッ...
読書

年末年始の読書にオススメの本~小説編~

はじめに... 年末年始が近づいてくると、どんな風に過ごそうかとワクワクしてくる。 せっかくまとまった時間があるのなら、読書するのも良い息抜きになりそう。 私が2019年に読んだ、小説のオススメ本をまとめてみた。 ...
読書

【読書感想】「いつもでも転職できる」を武器にする 市場価値に左右されない「自分軸」の作り方

「「いつでも転職できる」を武器にする 市場に左右されない「自分軸」の作り方」松本利明著を読んだ。 転職を繰り返す度に、“自分の持ち味”や“自分の強み”といったものを明確には把握しきれていないのではないか、と不安を覚える。 ...
読書

【読書感想】阿曽山大噴火の面白人間傍聴記~法廷で逢いましょう~

「阿曽山大噴火の面白人間傍聴記~法廷で逢いましょう~」阿曽山大噴火著、門倉卍貴裕(絵)を読んだ。 阿曽山大噴火氏が、裁判傍聴のプロであることはテレビ番組などで観たことがあった。 テレビ番組で紹介されていること以外のことを読んで...
読書

【読書感想】ママ母手帳「お母さん二人いてもいいかな!?」の、これまで。

「ママ母手帳「お母さん二人いてもいいかな!?」の、これまで。」中村キヨ著を読んだ。 本書は、レズビアンの母親二人による育児について描かれている。 著者とパートナーによる体験をもとに描写されており、レズビアンかどうかというよりも...
読書

【読書感想】私はクズ男製造機~憎めない男たちとの最高な思い出~

「私はクズ男製造機~憎めない男たちとの最高な思い出~」北崎りょう著を読んだ。 ダメンズ、クズ男、様々な呼称がある。 本文では、過去に付き合ってきた男性に対する鬱憤を晴らす、というよりは、過去の出来事として、ご自身のことも含めて...
読書

【読書感想】「心の時代」にモノを売る方法 変わりゆく消費者の欲求とビジネスの未来

「「心の時代」にモノを売る方法 変わりゆく消費者の欲求とビジネスの未来」小阪裕司著を読んだ。 モノを買う時に、便利さ、価格帯だけではない“決め手”になるものが、心のあり方になってきている時代になってきている。 心の時代...
スポンサーリンク