神田神保町で行ってみたい喫茶店は、いくつもあり、そのうちの1つ眞踏珈琲店へ訪れた。

数百冊の蔵書が棚に並ぶ店内は、棚ごとに上から下まで本のタイトルを眺めてみたくなる。

どれも手に取って読むこともできるし、自分で本を持ち込んで読んでいる人もいるようだ。

眞踏珈琲店では、1階が喫煙、2階が禁煙となっている。

1人掛けあるいは2人掛けの席、カウンター席といった席の間隔は、誰かとおしゃべりを楽しむ、というよりは本を楽しんだり、コーヒーなどを楽しむための時間を過ごしたくなるような雰囲気だ。

1階のカウンター席では、店員さんと会話に興じている方も見かけたので、楽しみ方は人それぞれといったところだろう。

フードメニューは、カレーあるいはクロックムッシュということらしく、私はクロックムッシュを注文した。

ルッコラがたっぷりと盛られたクロックムッシュは、「ルッコラの海に溺れるクロックムッシュ」という名前だ。

ネーミングに負けない、インパクトのあるクロックムッシュだと思う。

目を奪われるほど、こんもりとしたルッコラの味を嚙みしめながら、クロックムッシュを貪るのは、なんとなくワイルドな気持ちになった。

クロックムッシュは熱々で、チーズがトロッととろけでてくるのが、食欲をそそられる。

添えられているオレンジには、食べやすいように切れ込みが入れられているのも、嬉しかった。

せっかく珈琲店に来たのだからコーヒーを飲みたい、ということでアイスカフェラテを注文した。

琉球ガラスのコップに入ったアイスカフェラテは、ほど良い苦味が心地良かった。

また、コーヒーがテイクアウトできることも、お会計の時に知った。

他のメニューも気になるので、また行きたいと思う。