小説

スポンサーリンク
読書

【読書感想】ぜんしゅの跫

 比嘉姉妹シリーズ第5弾「ぜんしゅの跫」澤村伊智著を読んだ。本作品は、表題作を含む5作品が収録された、短編集だ。  比嘉真琴と野崎の結婚式の様子などが描写されている「ぜんしゅの跫」は、近隣で噂になっている“見えない通り魔”を調査する...
読書

【読書感想】ししりばの家

 澤村伊智氏による比嘉姉妹シリーズ第3作目「ししりばの家」を読んだ。本作品は、「ぼぎわんが、来る」、「ずうのめ人形」に続く、3作目であるがそれぞれの作品を単体でも楽しめる。  比嘉姉妹シリーズ第1作目「ぼぎわんが、来る」については、...
読書

【読書感想】ずうのめ人形

 澤村伊智氏の2作目「ずうのめ人形」を読んだ。本作品は、前作「ぼぎわんが、来る」と同様に比嘉姉妹が登場するので、比嘉姉妹シリーズとも呼ばれている。前作「ぼぎわんが、来る」については、こちら↓  さて、「ずうのめ人形」は、...
スポンサーリンク
読書

【読書感想】クジラアタマの王様

 作品の中で、謎のキャラクターとしてハシビロコウが登場することを知り、どんなストーリーなのか気になり、「クジラアタマの王様」伊坂幸太郎著を読んだ。  これまでも伊坂幸太郎さんの作品を読んだことがあったけれど、数年ぶりに伊坂作品に触れ...
読書

【読書感想】かのこちゃんとマドレーヌ夫人

 ずっと気になっていたままの作品の1つ、「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」万城目学著を読んだ。  本作品は、小学1年生の女の子、飼い犬・玄三郎、猫のマドレーヌ夫人の物語だ。  感性豊かな女の子・かのこちゃんが、小学校であることが...
読書

【読書感想】さいはての彼女

 “ 女性と旅と再生をテーマにした、爽やかに泣ける短篇集 ”というところが気になり、「さいはての彼女」原田マハ著を読んだ。  原田マハさんの作品は、これまでに読んだことがないものの、エッセイを読んだことがあり、どんな物語が紡がれてい...
読書

【読書感想】終わらせ人

 「終わらせ人」松村比呂美著を読んだ。  本作品は、主人公・祈子が、実母が亡くなった、という連絡を受けたことから、赤子の頃に自分を手放した実母が“ある秘密”を抱えていることを知ることとなる。  祈子は、父方の祖母に育てられ、フ...
読書

【読書感想】贄怪談 長男が死ぬ家

 最初は実話怪談だと勘違いして、「贄怪談 長男が死ぬ家」斉木京著を読み始めた。本書を読み進めるにつれ、「あれ?」と思うところがあって確認したところ、本書は小説投稿サイト・エブリスタの「ホラー×怪談」部門で17日連続1位を記録した戦慄の話題...
読書

【読書感想】霧こそ闇の

 「霧こそ闇の」仲町六絵著を読んだ。  本作品は、戦国時代の大和を舞台にした、大名に仕える典医と不思議な力を持つ妻の物語だ。  歴史に疎く、時代背景などもなんとなくしか記憶にはない私ではあるが、登場人物たちが頭の中に姿が思い浮...
読書

【読書感想】ルーム

 「ルーム」新津きよみ著を読んだ。  本作品は、家族と絶縁状態の姉が急死した連絡を受けた妹が、姉の遺品整理をするうちに1人暮らしをしていた姉の秘密や葛藤などを知る、というようなストーリーだ。  あまり多くを語ってしまうと、ネタ...
スポンサーリンク