小説

スポンサーリンク
読書

【読書感想】新装版 ムーミン谷の冬

 引き続きムーミンシリーズを手に取っていて、今回は「新装版 ムーミン谷の冬」トーベ・ヤンソン著、山室静訳を読み終えた。 新装版 ムーミン谷の冬 (講談社文庫) 価格:649円(税込、送料無料) (2022/11/20時点)  ...
読書

【読書感想】新装版 ムーミン谷の夏まつり

 1冊読むごとに、ムーミン達の世界観に浸かるのがちょうど良い現実逃避になっているような今日この頃。今回は、「新装版 ムーミン谷の夏まつり」トーベ・ヤンソン著、下村隆一訳を読んだ。 新装版 ムーミン谷の夏まつり (講談社文庫) 価格:...
読書

【読書感想】ばくうどの悪夢

 比嘉姉妹シリーズ最新作、「ばくうどの悪夢」澤村伊智著を読んだ。 ばくうどの悪夢 価格:2035円(税込、送料無料) (2022/11/4時点)  「ばくうどの悪夢」は、東京から父の地元に引っ越してきた「僕」が、睡眠中に何度も...
スポンサーリンク
読書

【読書感想】新装版 ムーミンパパの思い出

 このところ、続けざまにムーミンシリーズを読んでいる。今回は、「新装版 ムーミンパパの思い出」トーベ・ヤンソン著、小野寺百合子訳を読んだ。 新装版 ムーミンパパの思い出 (講談社文庫) 価格:693円(税込、送料無料) (2022/...
読書

【読書感想】新装版 ムーミン谷の彗星

 先日読んだ「新装版 たのしいムーミン一家」を読んだことから、そのまま「ムーミン」シリーズを読んでみたくなった。   そこで、出版された順番が前後してしまうが、続けて「新装版 ムーミン谷の彗星」トーベ・ヤンソン著、下村隆一訳を読むこ...
読書

【読書感想】オメガ城の惨劇

 "「F」の衝撃、再び。"という紹介文を目にし、そのまま予約をして発売を楽しみにしていた「オメガ城の惨劇」森博嗣著を読んだ。 オメガ城の惨劇 SAIKAWA Sohei’s Last Case (講談社ノベルス) 価格:1430円(...
読書

【読書感想】新装版 たのしいムーミン一家

 先日、初めてムーミンバレーパークに行ってきた。幼い頃に観た記憶がうっすらとあるムーミンのアニメの内容と擦り合わせるように、Netflixで「ムーミン谷のなかまたち」を観ながら、私なりにムーミンバレーパークを訪れるための事前準備をした。 ...
読書

【読書感想】犬のかたちをしているもの

 少し前に「おいしいごはんが食べられますように」を読んだことがきっかけで、高瀬隼子さんの他の作品が気になっていた。先日、たまたま立ち寄った書店の店頭で、文庫化された「犬のかたちをしているもの」を見つけ、読んでみたくなった。 犬のかた...
読書

【読書感想】邪宗館の惨劇

 ホラー作家・那々木悠志郎が登場するシリーズ4作品目、「邪宗館の惨劇」阿泉来堂著を読んだ。 邪宗館の惨劇 (角川ホラー文庫) 価格:880円(税込、送料無料) (2022/9/24時点)  「邪宗館の惨劇」は、1年前の火災事故...
読書

【読書感想】おいしいごはんが食べられますように

 第167回芥川賞受賞作「おいしいごはんが食べられますように」高瀬隼子著は、芥川賞受賞の発表前後で、書店あるいはTwitterの誰かのツイートで見かける頻度が多く、気になっていたことから読んでみたくなった。 おいしいごはんが食べられ...
スポンサーリンク