スポンサーリンク

【読書感想】シン・部長が堕ちるマンガ

読書
この記事は約1分で読めます。

 前作「部長が堕ちるマンガ」が、とてもおもしろくて、第2弾となる本書「シン・部長が堕ちるマンガ」中村朝著を読んだ。

 前作「部長が堕ちるマンガ」の感想はこちら↓

 さて、本書「シン・部長が堕ちるマンガ」では、腐女子の部下を持つ部長が、さらなる深みへと足を踏み入れていく。
部長がオタク化すればするほど、腐女子の部下たちとの距離は縮まるし、部下による部長の同人誌化もとどまることを知らない。

 アニメやゲームなどのキャラクターが、コンビニとコラボするキャンペーンでは、部長のオタクとしての存在が、さらに高まっていることが伝わってきた。

 部長が、シーンごとに腐女子の部下たちの呼び名が変化していくのも、密かな楽しみとなっている。

 誰かに勧められたものにハマる、ということが、こんなにも誰かを変えていくんだな、ということが、エンターテイメント感満載で楽しめた。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シン・部長が堕ちるマンガ (バンチコミックス) [ 中村 朝 ]
価格:990円(税込、送料無料) (2020/3/7時点)


スポンサーリンク
読書
スポンサーリンク
adminをフォローする
カメラと散歩と読書日和