エッセイ

スポンサーリンク
読書

【読書感想】アル中ワンダーランド

 なんとなくわかっているつもりのようで、よくわかっていないことというものが多々ある。そのうちの1つだった、“アル中”について知っておきたくなった矢先、文庫化されたことを見聞きして、「アル中ワンダーランド」まんきつ著を読んだ。  本作...
読書

【読書感想】いまだ、おしまいの地

 前作「ここは、おしまいの地」の続編となる、「いまだ、おしまいの地」こだま著を読んだ。  ※「ここは、おしまいの地」(単行本)についての感想は、こちら↓  ※「ここは、おしまいの地」(文庫版)の感想は、こちら↓ ...
読書

【読書感想】ごろごろ、神戸。

 「ごろごろ、神戸。」平民金子著を読んだ。  私が、平民金子さんを知ったのは、Twitterを眺めている時に、たまたま目に入った誰かのリツイートがきっかけだった。平民金子さんのプロフィールを見たら、ブログを閉じている代わりにメルカリ...
スポンサーリンク
読書

【読書感想】うたうおばけ

 先日、くどうれいんさんの「わたしを空腹にしないほうがいい」を読み、とてもおもしろかったから、新作「うたうおばけ」を続けざまに読んだ。  「わたしを空腹にしないほうがいい」については、こちら↓  さて、本書について...
読書

【読書感想】わたしを空腹にしないほうがいい 改訂版

 Twitterをボーっと眺めているときに限って、妙に気になるものと出会うことがある。「わたしを空腹にしないほうがいい 改訂版」くどうれいん著も、パッと目に飛び込んでくるようにして読んでみたくなったのだ。 本屋lighthouse(...
読書

【読書感想】ここは、おしまいの地(文庫版)

 こだまさんによるエッセイ「ここは、おしまいの地」の文庫版が発売され、文庫版あとがきを読むことを目的にしつつ、再度「ここは、おしまいの地」を読んだ。  「ここは、おしまいの地」の単行本を読んだ際の感想は、コチラ↓ ...
読書

【読書感想】inubot回覧板

 たまたまTwitterで知ったアカウントが、本書に繋がるもので本書の一部を試し読みしたところもっと読んでみたくなったから、「inubot回覧板」北田瑞絵著を読んだ。  本書は、もともと著者が、実家から離れて暮らす妹さんが好きなタイ...
読書

【読書感想】ぼくは会社員という生き方に絶望はしていない。 ただ、今の職場にずっと・・・・・・と考えると胃に穴があきそうになる。

 タイトルが長いな、というところが妙に気になり、「ぼくは会社員という生き方に絶望はしていない。ただ、今の職場にずっと・・・・・・と考えると胃に穴があきそうになる。」フミコフミオ著を読んだ。  本書は、会社員ブロガーである著者の日常エ...
読書

【読書感想】走る奴なんて馬鹿だと思ってた

 タイトルがパッと目に入ってきた時から、気になって数ヶ月...そろそろ読んでおかないと気になったままでは気持ち悪い。そう思って、「走る奴なんて馬鹿だと思ってた」松久淳著を読んだ。  本書は、Tarzanで松久氏が連載されていたものを...
読書

【読書感想】うふふな日々

 なんとなく落ち込んでいるような気持ちが沈んでいるような時は、エッセイを読みたくなる。気持ちを和ませてくれそうなタイトルが目に留まり、「うふふな日々」あさのあつこ著を読んだ。  あさのあつこさんのことは作家として知っていたけれど、こ...
スポンサーリンク