エッセイ

スポンサーリンク
読書

【読書感想】ぼくは会社員という生き方に絶望はしていない。 ただ、今の職場にずっと・・・・・・と考えると胃に穴があきそうになる。

 タイトルが長いな、というところが妙に気になり、「ぼくは会社員という生き方に絶望はしていない。ただ、今の職場にずっと・・・・・・と考えると胃に穴があきそうになる。」フミコフミオ著を読んだ。  本書は、会社員ブロガーである著者の日常エ...
読書

【読書感想】走る奴なんて馬鹿だと思ってた

 タイトルがパッと目に入ってきた時から、気になって数ヶ月...そろそろ読んでおかないと気になったままでは気持ち悪い。そう思って、「走る奴なんて馬鹿だと思ってた」松久淳著を読んだ。  本書は、Tarzanで松久氏が連載されていたものを...
読書

【読書感想】うふふな日々

 なんとなく落ち込んでいるような気持ちが沈んでいるような時は、エッセイを読みたくなる。気持ちを和ませてくれそうなタイトルが目に留まり、「うふふな日々」あさのあつこ著を読んだ。  あさのあつこさんのことは作家として知っていたけれど、こ...
スポンサーリンク
読書

【読書感想】わたしの中のこと~とある漫画家の子宮筋腫闘病日記~

 女性だからこそ知っておきたい、と思い、「わたしの中のこと~とある漫画家の子宮筋腫闘病日記~」嬉野めぐみ著を読んだ。  本書は、タイトルからも察する通り、著者による体験談をコミックエッセイとして描写されている。子宮筋腫について、どん...
読書

【読書感想】今日も一日きみを見てた

 角田光代さんの愛猫トトを迎え入れるきっかけから、現在に至るまでを綴られたエッセイ「今日も一日きみを見てた」を読んだ。  私は猫を飼ったことがないけれど、実家で犬を飼っていることから、自宅にペットがいる生活ということであれば置き換え...
読書

【読書感想】いつも旅のなか

 海外旅行でのことが綴られたエッセイ、「いつも旅のなか」角田光代著を読んだ。  角田光代さんの海外旅行は、大体において角田さん1人きり。本書の中では、1人旅よりも団体旅行向きの人間であることを、角田さんご自身が述べられている。それで...
読書

【読書感想】幾千の夜、昨日の月

 夜をテーマにしたエッセイ「幾千の夜、昨日の月」角田光代著を読んだ。  本書では、幼い頃から現在に至るまでの夜にまつわる、角田さんの様々な思い出が語られている。子供の頃の夜の思い出は家族との話があり、成長するにつれ、夜の思い出は友人...
読書

【読書感想】デラックスじゃない

「デラックスじゃない」マツコ・デラックス著を読んだ。 本書は、マツコ・デラックスさんの過去から現在に至るまでが語られているエッセイだ。テレビ番組などで見かける、マツコ・デラックスさんの絶妙な語り口の裏側とも言えるであろう、心の内のこ...
読書

【読書感想】変態紳士

タイトル、表紙からただならぬ気配を感じ、気になっていた「変態紳士」高嶋政宏著を読んだ。 本書は、俳優として活躍されている高嶋政宏さんによる、SM、ロック、グルメなどについて語れているエッセイだ。 変態紳士【電子書籍】価格:14...
読書

【読書感想】男しか行けない場所に女が行ってきました

以前から気になっていた「男しか行けない場所に女が行ってきました」田房永子著を読んだ。本書は、エロ本のライターとして潜入取材などをしたものが田房さんの目線で語られているものだ。 男しか行けない場所に女が行ってきました【電子書籍】価格:...
スポンサーリンク