エッセイ

スポンサーリンク
読書

【読書感想】虎のたましい人魚の涙

 エッセイ集「虎のたましい人魚の涙」くどうれいん著を読んだ。本書は、文芸誌に連載されているエッセイをまとめ、書き下ろしエッセイ1編を加え、書籍化されたものだ。 虎のたましい人魚の涙【電子書籍】価格:1463円 (2022/10/11...
読書

【読書感想】かもめニッキ

 発売日を楽しみにしていた、週末北欧部 chikaさんの新刊「かもめニッキ」を読んだ。本書では、Twitterなどでchikaさんが発信されていた絵日記がまとめられていて、各絵日記にはchikaさんによるちょっとしたコメントが付き、コラム...
読書

【読書感想】北欧こじらせ日記 移住決定編

 週末北欧部chikaさんの新刊、「北欧こじらせ日記 移住決定編」を読んだ。本書は、前作「北欧こじらせ日記」の続編であり、タイトルからも察する通り、chikaさんがフィンランドへ移住するまでのことが描かれている。 北欧こじらせ日記 ...
スポンサーリンク
読書

【読書感想】ずっと、おしまいの地

 「おしまいの地」シリーズ3作目であり、完結編となる「ずっと、おしまいの地」こだま著を読んだ。 ずっと、おしまいの地 価格:1650円(税込、送料無料) (2022/8/28時点)  「ずっと、おしまいの地」は、こだまさんが小...
読書

【読書感想】この先には、何がある?

 自伝的エッセイという紹介が気になり、「この先には、何がある?」群ようこ著を読んだ。  本書では、作家として独立するまでの就職や転職のこと、ご家族のこと、作家になってからのこと、趣味のことなどが語られている。 この先には、何が...
読書

【読書感想】聡乃学習

 女優として、あるいはエッセイストとして知られる、小林聡美さんのエッセイ「聡乃学習」を読んだ。このエッセイは、5年に渡って書き続けられたものが、書籍化されたものだそうだ。 聡乃学習 (幻冬舎文庫) 価格:594円(税込、送料無料) ...
読書

【読書感想】北欧こじらせ日記

 全編オールカラー書き下ろしのコミックエッセイ、「北欧こじらせ日記」週末北欧部chika著を読んだ。 北欧こじらせ日記【電子書籍】価格:1485円 (2022/2/20時点)  著者の週末北欧部chikaさんが、フィンランドに...
読書

【読書感想】まばゆい

 昨年、僕のマリさんの「常識のない喫茶店」を読み、喫茶店で働いていた僕のマリさんの日々にちょっとした刺激を受けたようなつもりでいた。とはいうものの、次回作である「まばゆい」になかなか手を出せずにいたのも事実だ。  さすがにYouTu...
読書

【読書感想】追懐のコヨーテ The cream of the notes 10

 毎年年末の近づいた頃、発売される森博嗣先生のエッセイシリーズ第10弾「追懐のコヨーテ The cream of the notes 10」を読んだ。 追懐のコヨーテ The cream of the notes 10【電子書籍】価...
読書

【読書感想】遅く起きた日曜日にいつもの自分じゃないほうを選ぶ

 「遅く起きた日曜日にいつもの自分じゃないほうを選ぶ」スズキナオ著を読んだ。  本書は、「深夜高速バスに100回ぐらい乗ってわかったこと」の続編にあたる、とのまえがきがあった。私は前作を未読ではあるけれど、「遅く起きた日曜日にいつも...
スポンサーリンク