ミステリー

スポンサーリンク
読書

【読書感想】予言の島

 "初読はミステリ、2度目はホラー"という、作品紹介が気になり、「予言の島」澤村伊智著を読んだ。ちなみに、これは現時点では初読後に感想を綴っていることを、ここに記す。 予言の島【電子書籍】価格:748円 (2021/6/18時点) ...
読書

【読書感想】祝言島

 私は、たまにイヤミスを読みたくなる。特に、真梨幸子さんの作品に出会ってからは、無性にイヤミスならではの後味の悪さを味わいたくなることがある。今回も、そんな衝動に駆られ、「祝言島」を読んだ。 祝言島【電子書籍】価格:913円 (20...
読書

【読書感想】ルーム

 「ルーム」新津きよみ著を読んだ。  本作品は、家族と絶縁状態の姉が急死した連絡を受けた妹が、姉の遺品整理をするうちに1人暮らしをしていた姉の秘密や葛藤などを知る、というようなストーリーだ。  あまり多くを語ってしまうと、ネタ...
スポンサーリンク
読書

【読書感想】AID 猟奇犯罪捜査班 藤堂比奈子

 シリーズ3作目「AID 猟奇犯罪捜査班 藤堂比奈子」内藤了著を読んだ。  シリーズ1作目については、こちら↓  シリーズ2作目については、こちら↓  まず、本作品含めシリーズ内では、主人公・藤堂...
読書

【読書感想】CUT 猟奇犯罪捜査班 藤堂比奈子

 前作で本シリーズの登場人物たちの魅力に触れ、シリーズ2作目となる「CUT 猟奇犯罪捜査班 藤堂比奈子」内藤了著を読んだ。  ちなみに、前作に関するものはこちら↓  それでは、本作品の話へと戻る。本作品では、またし...
読書

【読書感想】ON 猟奇犯罪捜査班 藤堂比奈子

 「ON 猟奇犯罪捜査班 藤堂比奈子」内藤了著を読んだ。本作品は、タイトルからも察するように、猟奇的な犯罪が描写されている。  不可解な事件を追うこととなった主人公・藤堂比奈子は、漢字を書くことが苦手でイラストを描くことで会話を記憶...
読書

【読書感想】影の斜塔 警視庁文書捜査官

「影の斜塔 警視庁文書捜査官」麻見和史著を読んだ。 本作品は、警視庁文書解読班が、とある事件の関係者から文書を入手せよ、との命令を受け、数少ないヒントから該当の人物を見つけ出す、というようなストーリーだ。 文書解読班、という名...
読書

【読書感想】ビストロ三軒亭の謎めく晩餐

シリーズ2作目を先に読んでいたことから、1作目が気になり、「ビストロ三軒亭の謎めく晩餐」斎藤千輪著を読んだ。 ビストロ三軒亭の謎めく晩餐【電子書籍】価格:352円 (2020/2/9時点) シリーズ2作目のレビューはこちら↓...
読書

【読書感想】MASK 東京駅おもてうら交番・堀北恵平

「MASK 東京駅おもてうら交番・堀北恵平」内藤了著を読んだ。 本作品の主人公は、堀北恵平という新人警察官だ。名前だけだと、男性かと思いこんでしまうが、女性警察官であり、名前は恵平(けっぺい)と読む。 MASK 東京駅おもてう...
読書

【読書感想】ビストロ三軒亭の美味なる秘密

お仕事グルメミステリー「ビストロ三軒亭の美味なる秘密」斎藤千輪著を読んだ。本作品は、三軒茶屋にあるビストロ“三軒亭”を舞台にしている。 ビストロ三軒亭の美味なる秘密【電子書籍】価格:704円 (2020/2/2時点) ビストロ...
スポンサーリンク