ミステリー

スポンサーリンク
読書

【読書感想】写楽・考 -蓮丈那智フィールドファイルⅢ-

 蓮丈那智シリーズ3作目「写楽・考 -蓮丈那智フィールドファイルⅢ-」を読んだ。本書には、表題作である「写楽・考」を含む4作品が収録されている。 写楽・考ー蓮丈那智フィールドファイルIIIー(新潮文庫)【電子書籍】価格:528円 (...
読書

【読書感想】触身仏 -蓮丈那智フィールドファイルⅡ-

 蓮丈那智シリーズの2作目「触身仏 -蓮丈那智フィールドファイルⅡ-」を読んだ。本書には、表題作の「触身仏」を含む5作品が収録されている。 触身仏─蓮丈那智フィールドファイルII─(新潮文庫)【電子書籍】価格:528円 (2022/...
読書

【読書感想】凶笑面 -蓮丈那智フィールドファイルⅠ-

 先日、民俗学ミステリーが好きならば読んでみると良い、というような紹介文を見かけ、「凶笑面 -蓮丈那智フィールドファイルⅠ-」を読んだ。  本作品は、蓮丈那智という民俗学者とその助手である内藤三國の2人が、現地調査に出向いた先々で事...
スポンサーリンク
読書

【読書感想】あさとほ

 先日、「虚魚」新名智著を読み、その不思議でどこか不気味な物語の余韻に浸っていたところ、次の作品が発売されたことを知り、「あさとほ」を読んだ。 あさとほ 価格:1760円(税込、送料無料) (2022/7/8時点)  「あさと...
読書

【読書感想】さんず

 まず、第13回「このミステリーがすごい!」大賞受賞作家であり、"自殺幇助業者<さんず>が死にきれない者たちの背中にそっと忍び寄る"という紹介文が気になったことから、「さんず」降田天著を読んだ。 さんず 価格:1870円(税込...
読書

【読書感想】スーサイドホーム

 "民俗学×ミステリホラー"という紹介文にそそられて、「スーサイドホーム」柴田勝家著を読んだ。 スーサイドホーム (二見ホラー×ミステリ文庫) 価格:858円(税込、送料無料) (2022/7/5時点)  本作品は、4編に分か...
読書

【読書感想】虚魚

 「何か読みたいな」と思い、書店のウェブストアを眺めていたところ、"第41回横溝正史ミステリ&ホラー大賞<大賞>受賞作"という文言が目に入り、興味をそそられたことから「虚魚」新名智著を読んだ。 虚魚【電子書籍】価格:1815円...
読書

【読書感想】氷の致死量

 "新たなるシリアルキラー・サスペンスの金字塔"という紹介文を見かけ、気になったところから「氷の致死量」櫛木理宇著を読んだ。 氷の致死量【電子書籍】価格:2090円 (2022/5/21時点)  「氷の致死量」は、私立ヨアキム...
読書

【読書感想】火のないところに煙は

 ミステリー作品を読みたいな、と思い、いくつかのサイトを行ったり来たりしていたところ、おすすめ作品一覧に表示され、あらすじ紹介をざっと読んでみたらおもしろそうだな、と思い、「火のないところに煙は」芦沢央著を読んだ。 火のないところに...
読書

【読書感想】法廷遊戯

 よく利用する書店のオンラインストアで、物色している時におすすめの本で目にしたのか、きっかけはあまり思い出せないが、装丁が目に留まったこと、タイトルも気になったことから、「法廷遊戯」五十嵐律人著を読んだ。  この「法廷遊戯」は、第6...
スポンサーリンク