怖い話

スポンサーリンク
読書

【読書感想】ゾクッ東京怪奇酒

 前作「東京怪奇酒」がおもしろくて、続編の「ゾクッ東京怪奇酒」清野とおる著を読んだ。  前作「東京怪奇酒」については、こちらをどうぞ↓  さて、「ゾクッ東京怪奇酒」を読み始めると、清野とおるさんは前作で登場した怪奇...
読書

【読書感想】東京怪奇酒

 怪奇現象が起きた、とされる場所に行き飲酒する、という実録コミックエッセイ「東京怪奇酒」清野とおる著を読んだ。 東京怪奇酒【電子特典付】【電子書籍】価格:1100円 (2021/5/2時点)  本書を読んでみると、清野とおるさ...
読書

【読書感想】ぜんしゅの跫

 比嘉姉妹シリーズ第5弾「ぜんしゅの跫」澤村伊智著を読んだ。本作品は、表題作を含む5作品が収録された、短編集だ。  比嘉真琴と野崎の結婚式の様子などが描写されている「ぜんしゅの跫」は、近隣で噂になっている“見えない通り魔”を調査する...
スポンサーリンク
読書

【読書感想】ししりばの家

 澤村伊智氏による比嘉姉妹シリーズ第3作目「ししりばの家」を読んだ。本作品は、「ぼぎわんが、来る」、「ずうのめ人形」に続く、3作目であるがそれぞれの作品を単体でも楽しめる。  比嘉姉妹シリーズ第1作目「ぼぎわんが、来る」については、...
読書

【読書感想】ずうのめ人形

 澤村伊智氏の2作目「ずうのめ人形」を読んだ。本作品は、前作「ぼぎわんが、来る」と同様に比嘉姉妹が登場するので、比嘉姉妹シリーズとも呼ばれている。前作「ぼぎわんが、来る」については、こちら↓  さて、「ずうのめ人形」は、...
読書

【読書感想】あの女

 以前より、岩井志麻子さんの実話怪談話が好きで、読んでいる。岩井志麻子さんの怪談話の中で触れられている“あの女”のことは、それらを読む度に嫌な感じがしつつも、読むことをやめられない妙な魅力があって、気になる存在だった。  読むかどう...
読書

【読書感想】拝み屋備忘録 怪談双子宿

 先日読んだ、同シリーズ「拝み屋備忘録 ゆきこの化け物」で著者の話にのめり込んでしまったようで、すぐさま本書「拝み屋備忘録 怪談双子宿」郷内心瞳著を読み始めた。  ※同シリーズ「拝み屋備忘録 ゆきこの化け物」については、コチラ↓ ...
読書

【読書感想】拝み屋備忘録 ゆきこの化け物

 著者が怪談家である前に拝み屋である、ということに興味を持ち、「拝み屋備忘録 ゆきこの化け物」郷内心瞳著を読んだ。  本書では、拝み屋である著者のもとに訪れた人々の話が紹介されており、おそらくほとんどの話が東北を舞台としている。収録...
読書

【読書感想】実話奇譚 夜葬

 著者による現地調査を踏まえた実話がまとめられた、「実話奇譚 夜葬」川奈まり子著を読んだ。  本書で紹介されている怪談話は、体験者が怪談好きな人ばかりではないはずだけれど、何かをきっかけにして怪異という特殊な経験をされた、という人々...
読書

【読書感想】実話奇譚 呪情

 かつて実際に起きた事件や事故の現場での怪異など、著者の知人のみならず、著者がSNSで呼びかけて集めた怪談話が掲載されている「実話奇譚 呪情」川奈まり子著を読んだ。  本書を読んでみると、「そういえば、そういう事件があったな・・・」...
スポンサーリンク