神保町すずらん通りSANKOUEN CHINA CAFE&DININGでシビれる担々麺を堪能する

フード・スイーツ

神保町・すずらん通りを歩いていると、あちこちに魅力的な飲食店がひしめき合い、誘惑が多い。

中華料理店も多く、訪れる度に食べ比べるのも楽しいかもしれない。

ちょっとおしゃれな雰囲気で1人でも入りやすい店としても、おすすめなのがSANKOUEN CHINA CAFE&DININGである。

テーブル席以外にカウンター席も多く、ちょっと暗めの照明なので、周囲を気にせず、1人ごはんを楽しめる。

カウンター席の下には荷物を入れるカゴが、それぞれ配置されているのもありがたい。

SANKOUEN CHINA CAFE&DININGは、白山通りにある三幸園のグループ店舗とのことで、その雰囲気の違いも楽しめるだろう。

ランチメニューもご飯ものから麺類まで種類豊富なので、どれにするか悩ましいところではあるが、今回は担々麺を注文した。

担々麺は、シビれる要素になるようなスパイスがいくつか混合されていたメニュー名だった記憶があるが、詳細の記憶は曖昧なので割愛する。

スープをひとくちすすれば、なるほどと思うシビれ具合であり、食欲をそそられる。

麺は細麺であり、ネギと一緒に食べると、より旨さが増した。

ランチメニューの麺類には、ごはんかデザートのいずれかが選べる、とのことだったので、迷わずデザートにした。

シビれたり、辛さを味わった後には、甘味でさっぱりとしたい、とおもったのだ。

桃の味がするゼリーは、ツルッとしており、担々麺の後にはピッタリだった。